ブラジャーがかゆい!跡やアンダーのかゆみ放置はキケン!サクっと解消してスッキリ(^^*)


ブラジャーを着けているとアンダーバストがかゆくなったり、ブラを外したあとブラジャー跡がかゆかったり。
ホントに不快ですよね。

『たま〜にかゆい』ぐらいのレベルならそれほど気にする必要はないのですが、しょっちゅうかゆくなっている場合は問題アリ!

ポリポリ・ガリガリかくのはやめて、すぐ対処したほうが良いです😤

そこで、ブラジャーのアンダーがかゆい・ブラの跡のかゆみ原因や解消法について、ご紹介したいと思います。

ブラ跡・アンダーバストのかゆみに悩んでいる方は、ぜひ参考にしていただいて、かゆみ・不快感をスッキリ解消してくださいね☺️

おすすめナイトブラ

ブラジャーがかゆい!
アンダーやブラジャー跡が理由

ブラジャーがかゆい原因は、主に3パターンあります。

締め付けが原因
素材が原因
洗剤残りや汚れが原因

長時間カラダを締め付けることで、「機械的蕁麻疹(きかいてきじんましん)」という症状が起こることがあります。
お肌が締め付けられてかぶれが起こるんですね。

また、ブラジャーの素材(生地)でお肌が刺激を受けて、「接触皮膚炎」という症状が起こることがあります。
洗剤残りなどでお肌が刺激を受けるのも「接触皮膚炎」の症状。

お肌が刺激を受けてかぶれが起こっているんですね。
つまり、かゆみの正体は『かぶれ』なんですね。

どちらのかぶれの場合も、まずはかゆみや赤みがあらわれ、かくとさらに広がっていきます。

とにかく「ただのかゆみだし…」とスルーしてしまうのはキケン!
どんどんかゆみがヒドくなったり、お肌に黒ずみが残ってしまう可能性があります。

そのため、放置せずしっかりと対策&解消しましょう👍

ブラジャー跡・アンダーかゆい・かぶれ対策

締め付け感が少ないブラを選ぶ

まず、ブラに締め付け感を感じているなら、締め付け感を感じない身体に合うサイズのブラジャーを選ぶ必要があります。

だからといって、ズレてしまうような大きめのサイズだと、ブラジャーの役目を果たすことができませんよね。

そのため、ブラジャーは『自分のカラダに合うサイズ』のものを選ぶのが基本です。

カラダに合っているかどうかの基準は、『着けていてキツさを感じることがなく、それでいてズレたりしない』こと。

ですので、ブラジャーを選ぶ際は、キツくないのにズレないということを基準に選んでくださいね☺️

アンダーや肩ひもの幅が広いブラを選ぶ

アンダーや肩紐などの生地が細いと、ピンポイントで圧力がかかってしまうので、お肌に強い刺激を与えやすくなります。

ですが、アンダーや肩紐などが太め・広めのモノなら、圧力が分散されてお肌や体への負担が少なくて済みます☺️

それに、締め付け感もないのでラク♪

そんな時に使いたいのが、ナイトブラ
ナイトブラなら背中や脇肉を面で支えてくれるので、刺激や締め付けを避けられます。

フィット感もあって寄せて上げてができるのに、着心地はラク♪
なので、かゆみだけではなく、ハミ肉が気になる人にもおすすめです👍

おすすめ記事

\締め付けず、ラクして盛れる/
人気おすすめナイトブラ総合ランキングへ

ワイヤーが当たって痛くならないブラを選ぶ

ワイヤーが当たり、お肌が刺激を受けることも、かぶれの原因のひとつ。
ですので、ワイヤーが当たって違和感や痛みを感じるモノは避けたいところです。

締め付け解消と同様、ナイトブラの日中使いなら、ノンワイヤーなのでおすすめです。

「ワイヤーがないなんて不安…」と心配な方もいらっしゃるかもしれませんが、優秀なナイトブラを選べば、ノンワイヤーとは思えないぐらい盛れます💓

かゆみに悩んでいる方は、ワイヤー入りブラからノンワイヤーのナイトブラにチェンジしましょう👍

シンプルなデザインのブラを選ぶ

レースやリボンなどの装飾も、お肌に刺激を与える原因のひとつです。
そのため、かゆみを感じる場合は、できるだけ装飾のついていないブラジャーを選んでおくと安心です。

装飾がキレイなブラは可愛いしステキですが、お肌が荒れてしまってはステキもなにもありませんよね。
見た目の美しさを保つために一番大切なのは、お肌のケアです✨

正しく洗濯する

ブラジャーはこまめに洗濯し、できれば天日干ししましょう。生乾きは雑菌の繁殖の原因になってしまうため、しっかり乾くまで干すこと。

また、洗剤が残っているせいでかぶれが起こることがありますので、すすぎはしっかり!が基本です。

全自動洗濯機のすすぎが不安な場合は、手洗いするのがおすすめ。
生地の痛みも防げるので、お風呂でチャチャっと手洗いして、いつも清潔に保ってくださいね☺️

汗を拭いてムレを防止する

汗もお肌に刺激になることがあります。汗によってお肌が刺激を受け、そこを締め付けることで、さらにダメージは大きくなってしまうんですね😥

また、ムレることでお肌がかゆくなることもありますし、汗によってブラが湿ってしまうことで、雑菌が繁殖してしまう可能性もあります。

暑い季節は特に要注意。
汗をかいたらこまめに拭いて、刺激や雑菌の繁殖を防ぎましょう☺️

そして乾燥する冬も注意が必要。
お肌の乾燥によって、肌バリア機能が弱まっている場合もありますので、乾燥を感じたらクリームなどで保湿してくださいね。

まとめ

ブラ跡のかゆみは、不快というのはもちろんのこと、お肌へのダメージにも繋がります。

毎日・長年の積み重ねは、いつの間にか深刻な状態になってしまうがち。
取り返しのつかない最悪パターンになる可能性もあります。

そのため、ほおっておかず、しっかりと対応・解消して、快適さと美肌を取り戻してくださいね☺️

参考文献:
アレルギーポータル
日本皮膚科学会ガイドライン