【垂れ乳対策】今すぐやめるべき胸がしぼむ・垂れるヤバい習慣と解消法


胸が垂れるのを防ぐ方法

「胸が垂れて欲しい!」と思う人なんていませんよね。

絶対いないとは言い切れませんが、胸が下がって嬉しいと思う人は、ほぼほぼいないと思います。

ですが、悲しいことに胸は垂れてしまうことがあります。

管理人
年齢とともに下がってくるというのもありますが、他の原因で垂れやすくなってしまうこともあるんですよね。。。

そこで、今すぐやめるべき胸がしぼむ・垂れるヤバい習慣と、胸が垂れないための解消法&対策をご紹介したいと思います✨

今のバストをキープしたい方、垂れてしまった胸をなんとか元に戻したい方は、ぜひ参考にしてくださいね^^

胸がしぼむ・垂れる原因

ノーブラで過ごすと胸が垂れる

ノーブラは胸が垂れる大きな原因。

胸にはクーパー靭帯というスジがあって、バストはそのクーパー靭帯に支えられています。

ですがこのクーパー靭帯は、胸(脂肪)の重さに耐えきれなくなると、伸びてしまうんですね。

そのせいで起こるのが胸の垂れなのです。

さらに、伸び切ってしまったクーパー靭帯は元に戻らないというのが大問題。

そのため、クーパー靭帯が伸び切ってしまわないように、胸を支えてあげないといけません。
そのために必要なのがブラジャー

つまり、ノーブラで過ごす時間が長ければ長いほど、クーパー靭帯に負担がかかってしまう=胸が垂れてしまうというわけです。

参考文献:http://www.med.fukuoka-u.ac.jp/

ダイエットのせいで胸が垂れる

食事制限でダイエットをすると、脂肪と一緒に筋肉が落ちてしまうことがあります。

胸の筋肉(大胸筋)も例外ではなく、他の脂肪と同様に、ダイエットが原因で落ちてしまうんですね。

そのせいで、胸がしぼんで下に下がってしまう、ということが起こるのです。

運動不足のせいで胸が垂れる

バストは脂肪におおわれているのですが、その土台となっているのが大胸筋と呼ばれる筋肉です。

大胸筋は、他の筋肉と同様、運動不足や加齢によって衰えていきます。
そのせいで、バストが垂れてしまうというわけです。

管理人
筋肉は、使わなければどんどん衰えていくんですよね。
とはいえ、運動ってなかなか続かないし…困ったものです。

胸が垂れるのを防ぐバストケア

効果的なバストアップ方法をご紹介したいと思います。

なぜ効果的かというと、それは『カンタンだから→無理なく続けられるから』

バストアップ対策も、ダイエットやスキンケアと同様に、続けてこそ意味があります。

だから、【カンタンだから続けられる=効果が出やすい】というわけです。

キツかったり、ツラかったりすることなく、誰でも気軽にできるカンタンな方法ですので、ぜひ実践してみてくださいね^^

ツボ押しでバストアップ♪

天溪(てんけい)
天溪は脇下の乳首の高さぐらいに左右2箇所あり、
乳腺の発達を促してくれるツボ。

4〜5秒かけて指で少しずつ力を入れながらゆっくりと押します。

パっと指を離します。
これを5回ほど繰り返します。

膺窓(ようそう)
膺窓は乳首の上〜デコルテの間に左右2箇所あり、
乳腺の発達を促してくれるツボ。

4〜5秒かけて指で少しずつ力を入れながらゆっくりと押します。

パっと指を離します。
これを5回ほど繰り返します。

壇中(だんちゅう)
壇中は左右の乳首の中間ぐらいにある、
女性ホルモンの分泌を促してくれるツボ。

4〜5秒かけて指で少しずつ力を入れながら、
左右同時にゆっくりと押します。

パっと指を離します。
これを5回ほど繰り返します。

たった5秒、しかもテレビを観ながら、お風呂に入りながらなどなど、『ながら』でできるので、ぜひぜひ試してみてくださいね^^

食べ物でバストアップ♪

バストアップに良いと言われている栄養素の代表は、大豆イソフラボンとタンパク質

大豆イソフラボンは、エストロゲンという女性ホルモンと似た働きをするため、バストアップには欠かせない栄養素。

そして、タンパク質は胸の筋肉(大胸筋)を育てるために必要な栄養素。

そのため、大豆イソフラボンとタンパク質を積極的に摂って、育乳しましょう^^

とはいえ、育乳は地道に続けてこそナンボです。

そのため、コーヒーを飲むときにはミルクの代わりに豆乳を入れたり、焼肉よりもサムギョプサルや焼き鳥を選ぶなど、無理なく続けられる範囲で取り入れるのがおすすめです。

大豆イソフラボン
豆乳、納豆、きなこ、味噌汁、豆腐、もやしなど

タンパク質
豚ひれ肉、マグロ刺身、鶏ささみ、さんま、紅鮭など

ナイトブラで垂れた胸を補正♪

毎日のアナタの睡眠時間は何時間ですか?

5時間の人もいれば、8時間の人もいると思います。
いずれにしても、かなり長い時間ですよね。

そんな長い時間を毎日まいにちノーブラで過ごしていると。。。
当然、クーパー靭帯はダメージを受けてしまいます。

また、家にいる間ノーブラで過ごしている場合は、さらにノーブラで長時間過ごしていることになりますよね。

管理人
とはいえ、リラックスしたいときに、ワイヤーが当たったり、ブラひもやアンダーで締め付けられるのはキツい。。。

そこに着目してつくられたのがナイトブラです。

ナイトブラは締め付けない!

ナイトブラは肩紐やアンダーが幅広く、ピンポイントで締め付けない構造になっています。
なので、ギュっとしたきゅうくつ感がなく、着心地がラク♪

ナイトブラは痛くない!

ナイトブラはノンワイヤーで、ほとんどのアイテムにホックが付いていないため、硬いモノに当たって痛くなることがありません

ナイトブラは補正力が高い!

ナイトブラは脇や背中に流れたムダ肉を胸に集めて、そのまま固定されるような構造になっています。
なので、ハミ肉ができにくく、胸がしっかりと補正されます。

管理人
ただし、それも優秀なナイトブラを使ってこそ。
ナイトブラの中にはズレやすかったり、逆に締め付け感が強かったりする『はずれブラ』もあったりします。

ですが、優秀ナイトブラを使えば、締め付け感がないのに補正力はしっかり♪

着けているだけで、胸が垂れるのを防いでくれます。
脇や背中の凸凹も抑えられるので、夜だけではなく、昼間使いにもおすすめです^^

ですので、胸が垂れるのを防ぎたい方は、でいるだけノーブラで過ごすのはやめて、ナイトブラを使ってくださいね^^

\おすすめナイトブラをチェック/
▼ ▼ ▼

ナイトブラ人気おすすめランキング

まとめ

バストアップ対策は大人女性にとって、マストワーク。

ほおっておく&何もせずに過ごしていると、胸はどんどん下がって・垂れていってしまいます。

だから『今すぐ始めたほうが良いボディケア』だったりします。

そして、ちゃんと対策すれば、必ず結果はついてきます♪
また、いくつになっても、バストアップは可能です♪♪♪

5年後、10年後に『ヤバい、もうムリ…』ということにならないためにも、カンタンバストアップ対策を、試す&習慣にしてくださいね^^

\寝ている間にバストアップ/